2013年11月30日

栗本薫

 栗本薫逝去。

 訃報がつづく。多感な時期に心酔していたひとびとが徐々に、いなくなっていく。

「グイン・サーガ」が完結するかには(というより、完結させる気があるのかどうかには)、正直首をかしげてはいたし、あとがきを読んでずいぶんたいへんな状態なのだろうなとは思っていたが、やはり衝撃はつよい。

 いろいろといいたいことがたくさんある。悪口のほうが多い。世界最長って話だが、前々から、初期のころと比べたら各巻の活字が大きくなってるじゃねえの? とか思っていた。月刊グインとかいっても、この活字の大きさだと……とか。でも、まねのできることじゃない。書くことがほんとうに好きだったのだろう。


 言葉もない。






※この記事は2009-05-31 22:50:07にアメブロに投稿した記事を移転したものです。

なお、移転元の記事は削除済です。


 

posted by 青木無常 at 20:00| デリー 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 追悼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月24日

自転車にのれるひとびとの世界のなかで

 いろいろと"助言"してくれるひとって多いよね。

 親切心があるってのは認めるけどね。

 上から目線でものいいたいだけ、なんてひとばっかりじゃないのかもしれないけどね。

 根本的に役に立ったことって、ないかもしれない。

 それで次に会ったときに「この前のあれ、やってみた?」とかきかれて「やってみたけど、たいして役に立ちませんでした」とはいえないからね。いろいろな意味で。

 
つづきを読む
posted by 青木無常 at 20:00| デリー 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 不安・恐怖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月23日

ヒッピーにささぐ



 言葉もない。





「明日また会おう。新しいギターを見せてあげる」




 まだまだ新しい歌を、聴かせてほしかった。




 いろいろなものが、いろいろなことが、いろいろなひとびとが。

 すこしずつ、すこしずつ、去っていく。

 二度と戻らない。




amazonリンク




※この記事は2009-05-05 19:31:06にアメブロに投稿した記事を移転したものです。

なお、移転元の記事は削除済です。




posted by 青木無常 at 20:00| デリー 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 追悼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月18日

そんなヤツぁいねえか

 前回の記事で、腹が弱いヤツの気持ちなど一生理解できぬまま幸福に死んでいけるヤツらへの怒りをぶちまけたが──そんな人間はまずいないだろうな。腹を下してたいへんな思いの一度や二度経験したことのないヤツなんて、よっぽど早死にでもしない限りあり得ないだろうし。やあ、まぼろしに対して怒りをぶちまけてしまったよ。

 ま。

 見下してる相手の気持ちなんざ斟酌したことすらない説教屋の存在がまぼろしだってわけじゃあないがね。



※この記事は2009-04-27 23:15:08にアメブロに投稿した記事を移転したものです。

なお、移転元の記事は削除済です。







posted by 青木無常 at 20:00| デリー 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 愚挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月17日

シャツIN



 春だというのにやけに暑い。体感的に、GWあたりの暑さだ。かたくなにシャツINを続けてきたおれも、しかたなしに裾を外に出して歩いている。

 暑いからじゃない。シャツをしまおうが出そうがたいしてかわらない。恥ずかしいから出しているだけ。裾を出すのに、なんのメリットも感じていない。日本はイヤな国だ。




 シャツの裾を出すのが流行りだしたのはいつごろのことだったか。ずいぶん時間が経ったのだろうが、私にとってはあっというまのできごとだった。流行りはじめのころは、あんかっこうは東南アジア人しかやっていないと嘲笑されていたものだった。東南アジアのひとたちをばかにする無意識も混入したいやらしさ溢れるものいいだ。当時はシャツの裾をだすことに対して非寛容な風潮だったというわけだ。いまも何もかわっていない。非寛容の対象が逆転しただけ。この国には思考停止したバカしか存在しない。それに屈服したおれは、さらなる愚か者なのだろう。
 
つづきを読む
posted by 青木無常 at 20:00| デリー 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 不安・恐怖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。