2013年12月30日

餓死していくガキども







「子どもを愛さない母親はいない」とかいう脳薄弱なご託宣はもうたくさんだと、子どもを餓死させた奈良の母親のニュースを目にするたびに溜飲をさげている。

 いや、だって溜飲がさがるのは、以前から「バカじゃねえのか」とこの手のセリフにいらいらさせられどおしだったからだ。おれがいくら声高に「子どもを愛さない母親なんざそこらじゅうにごろごろしてるわ!」と主張しても、あまりはかばかしい反応はなく受け流されるどころか、届いてすらいないんじゃないかという世の脊髄反射ぶりに腹が立って腹が立ってしかたがなかったからだ。
 
 
つづきを読む
posted by 青木無常 at 20:00| デリー 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。