2013年11月24日

自転車にのれるひとびとの世界のなかで

 いろいろと"助言"してくれるひとって多いよね。

 親切心があるってのは認めるけどね。

 上から目線でものいいたいだけ、なんてひとばっかりじゃないのかもしれないけどね。

 根本的に役に立ったことって、ないかもしれない。

 それで次に会ったときに「この前のあれ、やってみた?」とかきかれて「やってみたけど、たいして役に立ちませんでした」とはいえないからね。いろいろな意味で。

 
 特に相手が、関係をだいじにしたいひとだったりしたら。

「すごい効果がありました! ありがとうございました、ホントにたすかりました!」って、わざとらしく満面の笑顔で答えちゃったりするよね。

 だって、せっかく自分のために"助言"してくれたのに、役に立たなかったとかいって、むっとされたり、がっかりされたり、何より「あの程度のことも満足にできない半端者なのか、こいつは」とか内心思われたりしたくないもの。

 だから、たとえ相手がえらそうなイヤなヤツじゃなかったとしても、いや、むしろ、だからこそ――うそをついてしまったことすら申し訳なくて、顔向けできない気持ちがわだかまってしまうんだ。

 だから、ますます相手の顔をまともにみられなくなって――ますます距離が遠のいてしまうのさ。仲良くなりたいって気持ちだけ、おきざりになってね。
 




 毎朝おおきな声でおはようといおう。




 なんてことくらい、やってるよ。

 具体的な方法が提示されてるだけ「自分で考えろ」よりは親切でありがたい意見だけど、やっぱり役にはたたない。「おはよう」に限らず、ちいさなことからはじめよう的アドバイスもだいたい同様です。それくらいのことはいわれたことがあるし、やったことだってある。というか、あいさつなら毎日つづけてる。悪化を防いだり遅らせたりする効果は無論あるけど、根本的には何も解決してない。あるいは、毎日あいさつのほかにひとことだけ何か雑談をふる、とかいうアドバイスもあるけど。これだって何度もトライしてみたさ。ぎくしゃくして悲惨な結果に終わらなかったとしても、やっぱりたいして何かがかわるわけじゃない。残念だけど、私のような人間にとっては有効なアドバイスじゃない。むしろ「こんな簡単なことで驚くほどものごとがうまくいくんだよ」的ないいかたをされたにも関わらず、うまくいったことがないんだから、ますます自分がまともな人間じゃない欠陥品であることを突きつけられるだけでかえって逆効果ですらあるかもね。





 みんなおなじだよ。みんな悩んでるんだ。きみだけが特別じゃないんだよ。がんばろう。




 そうかもしれないと思って、いっしょけんめいコミュニケーションとろうと努力してたこともあったけどね。だいたい空回り。多少はうまくいっても、その場を多少は、かたちだけとりつくろうことができるって程度でかなりの上出来。でもがんばって自分をかえるしかないんだって、泣きながらいっしょけんめいやってたこともある。でも、ある特殊な集まりに参加したときに、うそっぱちだって気づいた。

 その集まりのなかでは、私は大して努力しなくてもちゃんとコミュニケーションできたし、かなりいい顔すらできたよ。プライベートでふつうにつきあえる友だちも、その時期にはいたんだよ。

 で、思ったこと。

 たぶん、ふつうのひとは、こんなふうにたいして壁も感じることなくコミュニケーションしてるんだろうなってこと。

 そりゃ人間関係だからいろいろ軋轢もでてくるし、たいへんなことだってちょくちょく起こるさ。でも、最初にこえる壁の高さがまるでちがうんだよ。





 たとえていえば、だれにも教えられなくてもだれでも自転車に乗れる世界にいる、自転車に乗れないひとみたいなもの。

 自転車に乗れないっていってもだれも信じてくれないか、異常な人間と思われたりあわまれたりするか、的外れなアドバイスが返るくらいが関の山。自転車に乗れないことをちゃんと理解してくれるひともいるけど、教えられなくても乗れる世界で乗りかたの説明できるひとなんてそのへんにはいないから、結局放置されるだけなんだよ。自転車の乗りかたを科学的に説明できるひとなら教えてくれることもできるだろうけど、そんなの難しい物理の問題をわかるように説明できるひとがそのへんにいないのと同じくらい滅多にいないんだろうと思う。

 なにかが根本的にちがってるんだよ。そうとしか思えない。でもたいていのひとがそんなこと分析どころか理解すらしようとしてくれないから「甘えてるんじゃない」なんて思考停止したセリフしか出てこないんだろうな。





 だれか教えてください。自転車の乗り方。



※この記事は2009-05-10 18:37:43にアメブロに投稿した記事を移転したものです。

なお、移転元の記事は削除済です。








posted by 青木無常 at 20:00| デリー 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 不安・恐怖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/379733340

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。