2013年12月07日

心療内科ってのは、死刑宣告機関か

 心療内科ってやつにいってきたよ。

 なぜかって。流行ってるってきいたもんでね。

 生きるのがつらいんだ。人づきあいがどうしようもなくつらくてつらくてたまらなくてね。

 子どものころからそうだっんだ。





 小奇麗なクリニックだったけど、診察室はなんだか企業の面談室のような感じだった。医師もなんだかビジネスライクな雰囲気だったけど、問われるままにいろいろ語ったさ。子どものころから人づきあいがつらくって、このままではどうにも行きづまってしまうからどうにかしたいってね。

 

 時間にして十五分くらい。二十分は経っていないと思う。結論は「解決できない」のひとことだった。

 あきれてものもいえなかったね。

 ビジネスライクだけど、正直で良心的なのかな、と最初は思ってたけどね。

 よく考えたら、自分がフリーターで、職場にもいまさらながらに不況の影響がでてきたようでクビを切られそうな雰囲気がでてきたって話したとたんに、話が打ち切りの方向に動いたような気がしてきたんだよな。

 なにしろ、断り文句の直前のセリフが「子どものころの話だから、どうしても治療を試みたいのならいろいろと用意してもらう必要がある。当時の成績表とか」だからねえ。

 子どものころの成績表が、心療内科の治療に必須の資料なのかねえ。成績のよしあしを参考にしようってわけじゃなかろうし、教師の生徒に対する所見欄くらいはあるにしても、それが必須の資料になるほど正確なものと考えてるとしたら、ちょっとプロの医師としては問題ありすぎなんじゃねえの?

 職歴はけっこう詳細に話したが、おれが何を感じてるかとかそういうことはさわりくらいしか口にしなかったし。なにより、成績表の話がでたのでこりゃ好機と「それはできません。家には十年以上帰ってないし、家族には絶対に会いたくありませんから」とキーワードを口にしてやったのに、それにはいっさい触れずに「治療法が確立してませんから。解決できないですからね」と、ごく機械的に話を打ち切りやがった。 



 心療内科に治療を求めて訪問したクライアントが、家族に対する拒絶の言葉を口にしてるのに、そこを掘りさげるどころかあわてて打ち切りにきやがったんだから、まさしく「私は関わりたくありません」と明言してるようなもんじゃないか。




 ひでえよ。最低な医師だね。




「解決できない」なんてセリフ、自殺願望があるヤツだったら背中を押すようなもんじゃない。

 実際、私だって今日明日に死ぬほど切羽詰ってるわけじゃないけど、金を払ってクリニックを出た瞬間、とびおりてやろうかと一瞬あたまをよぎったくらいだからね。クリニックは3Fにあって、非常に見晴らしもよいし手すりも実に乗りこえやすそうだったし。

 あれで死人が出てないとしたら、奇跡のようなもんだって気がするよ。





 世の中から有形無形にいわれつづけてきたセリフのひとつ。「私には関係ありません」「私にはどうしようもできないし、どうにかしようとも思いません」「私は関わりたくありません」そのセリフをあのくそ医者はしゃあしゃあと口にしたようなもんだよ。しかも、世間的にはたいてい、社交辞令とはいえ「気の毒には思いますが」という枕詞くらいはついてくるもんなんだが、ヤツは機械の様に「解決できませんから」と淡々とね。




 金がねえやつに用はねえってか? そう考えて、ようやく怒りがふつふつとわきあがってきたよ。それまでは、あ、やっぱりか、って無感動に思っただけだったけどね。



 でも、貧乏人だから切られたって考えたほうがほんとうにどうしようもなくて、いずれどんどん追い詰められて自殺しか選択肢がなくなる他に道はないんだって考えるよりはずいぶん楽になったけどね。

 まあなんにせよ、あのくそ医者だきゃ、クライアントに刺されて明日にでも死んでほしいところだけどね。





 心療内科ってのは、あんなもんなんですか。それとも、単にたまたま私がいったところが碌でもないところだったに過ぎないのでしょうか。



 出口がない。





※この記事は2009-07-03 20:29:31にアメブロに投稿した記事を移転したものです。

なお、移転元の記事は削除済です。






posted by 青木無常 at 20:00| デリー 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 不安・恐怖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/381673508

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。