2013年12月14日

自動化社会

 

 なんか鉄道の運転士が居眠りしてたのが発覚したってニュースがあったよ。携帯でその様子を撮ったひとがわざわざご注進に及んでいただいたようですね。





 でも鉄道はつつがなく定刻どおりに運行はしていたみたいで、その秘密がATOという、まあ自動運転システムのようなもののおかげ、ということらしいね。


つづきを読む
posted by 青木無常 at 20:00| デリー 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月12日

読書録─『自殺』

読書録─『自殺』柳美里/文春文庫


『自殺』Amazonリンク




 ローテーションがコリン・ウィルソンの次だったからか、読みやすいことわかりやすいこと。

 内容はeasyではないがね。





 そもそも柳美里(ユウ・ミリ)という作家に興味をもったきっかけは、宝島社文庫の『まれに見るバカ女』(別冊宝島編集分編)であった。なんでも彼女の処女作の登場人物である“顔に腫瘍のある女性”のモデルはもともとは作者の友人であり、自身の人生を(小説の素材とされるなど夢にも思わぬまま)作者に語った。その彼女のプライバシーがまったく無断で小説として多くの紙数を費やされていたために、裁判に踏み切ったという経緯らしい。

つづきを読む
posted by 青木無常 at 20:00| デリー 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月10日

読書録─『アウトサイダー』

読書録─『アウトサイダー』コリン・ウィルソン/集英社文庫

Amazonリンク



 ウィルソンの定義する「アウトサイダー」とはふつうの「健康な」人間よりもただ敏感であるに過ぎぬ人間、ということらしい。
つづきを読む
posted by 青木無常 at 20:00| デリー 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月08日

まずいです

 休みの日だってのに、とつぜん憂鬱になってひどい状態になってしまったよ。

 どーんと落ちこむってのじゃなくて、子どもが癇癪を起こした状態だよ。思いどおりにことが運ばなくって、感情にブレーキがきかない。かなしくなって、あたまに血がのぼりまくって、ひどくやけっぱちな気分になってもうどうにでもなれって感じだった。
 
つづきを読む
posted by 青木無常 at 20:00| デリー 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 不安・恐怖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月07日

心療内科ってのは、死刑宣告機関か

 心療内科ってやつにいってきたよ。

 なぜかって。流行ってるってきいたもんでね。

 生きるのがつらいんだ。人づきあいがどうしようもなくつらくてつらくてたまらなくてね。

 子どものころからそうだっんだ。





 小奇麗なクリニックだったけど、診察室はなんだか企業の面談室のような感じだった。医師もなんだかビジネスライクな雰囲気だったけど、問われるままにいろいろ語ったさ。子どものころから人づきあいがつらくって、このままではどうにも行きづまってしまうからどうにかしたいってね。

 
つづきを読む
posted by 青木無常 at 20:00| デリー 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 不安・恐怖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。